葬儀のプロとして

葬送の専門家、
フューネラルのプロとして

あたりまえですが、お葬式に対する知識は、絶対的に我々葬祭業者のほうが多く所持していると思います。またそうでなくてはいけません。
しかし、葬儀への知識量の差を逆手にとってご依頼者にあれもこれも必要だと説得し、葬儀社に有利に話を持っていこうとする葬儀社はプロとして失格です。

私どもはご依頼者主導で、無駄な負担のない葬儀と、詳細な100%適正見積の施行をさせていただきます。
ご依頼者が100%納得ができるような内容を豊富な事例をもとにお話をさせていただきます。

葬儀の形は人それぞれ・・・

葬儀の形式一つとりましても、一般葬、家族葬、骨葬、お別れ会、ホテル葬、散骨など自然葬、生前葬など、様々な形がございます。

ご用意する祭壇、花祭壇も様々あります。

例えば、ホテル葬は会葬者が故人の思い出話を順番に話したり、故人の生前の声や映像を紹介することも可能です。

展示葬は、故人が撮した写真、描いた絵画などを飾ります。
【食】へのこだわりや演出も故人の生き方が伝わりやすいものです。
会葬者が少しでもかかわりを持った人間一人の人生を、身近に振り返ることができる場としてとらえれば、その場の演出はこれまでの葬儀とは大きく異なってくるはずです。

確かにそれは、もはや従来の意味での葬儀ではないのかも知れません。
儀礼としての葬儀を重んじる方からは「追悼イベント」とお叱りをうけるかもしれませんが、生きているうちにご自身で、自分のエンディングセレモニーを考えることはとても有意義なものです。

大事なのは故人・家族への思い

親しい人が亡くなることはとても悲しいことです。
葬儀は故人を送り述べる場であるとともに、遺族が新たな一歩を踏み出す場でもあります。
Lin MC Group Co.,Ltd.では1度限りのお別れだからこそ、高級よりも一流なご対応をさせていただいてます。
心癒される葬送をご依頼者と一緒にパートナーシップを持って造り上げていきたいと思います。