成年後見人

成年後見制度って何?

成年後見制度は、加齢、認知症、知的障害等の原因により、判断能力が十分でない状態になった方を支える制度です。

→成年後見制度の詳細はこちら(法務省)

どんな人が利用するの?

成年後見制度は、次のような人に利用されています。

年をとり、金銭や不動産などの財産管理に自信が無くなってきた。
夫(又は妻)に先立たれ、子供もおらず頼りになる親戚もいないので、自分が認知症等になった際に、施設の入所や財産管理などの手続きを頼める人がいない。
体が弱ってきた親と同居して、面倒を看ながら財産管理をしてきたが、他の兄弟姉妹から財産管理について疑われている。
最近気が弱くなり、必要もないリフォームや高額な商品を断りきれず購入してしまっている。

成年後見人候補の選び方

では、成年後見人になってもらうのは、誰が良いのでしょうか。
信頼できる人が身近にいなければ、専門家に依頼すればよいでしょう。これに対し、家族等がいる場合は、その中の誰かに頼むか、それとも専門家に頼んだほうが良いか、判断が難しいと思います。

ihinn_button

 

 

Lin MC Groupでは、成年後見制度を応援しております。