フューネラルコンサルティングについて フューネラルプラン葬送一式 フューネラル葬送について 散骨/遺骨対応 スタッフブログ
各種祭壇(花祭壇) 市民葬・区民葬 斎場一覧 ご依頼者からの声 お問い合わせ

フューネラルについて

日蓮宗のお葬式

日蓮宗のお葬式

宗 祖

日蓮聖人(1222〜1282)

本 山
名 刹

身延山久遠寺(山梨県)
本門寺(東京)

経 典

法華経、無量寿経、観普賢経

ご本尊

久遠実成本誌釈迦無尼仏(大曼荼羅)

お唱え

南無妙法蓮華経(ナムミョウホウレンゲキョウ)

お焼香

宗派として、また菩提寺や僧侶によって作法が異なる場合があります。
SOGIサポートセンター(葬儀サポートセンター)Lin MC Group では
一般的なお焼香についてご紹介致します。

  1. 抹香をつまんで軽く頭におしいただいてから、香炉に入れます。
  2. 回数は1回又は3回です。
教え

日蓮の教えは永遠不滅の釈迦牟尼仏に帰依し、「南無妙法蓮華経」の題目をとなえ、積極的に善を積めばなにびとも救われると説きました。
題目を口に唱え、心に信じ、身で実践することで救いを得、理想の社会である仏の世界が実現するとされます。

日蓮宗の葬儀の意味

*日蓮聖人の「法華経を信じ、南無妙法蓮華経の題目を受持する者は、必ず、霊山浄土【りょうぜんじょうど】に往詣【おうけい】することができるという言葉が基本。

*死者(精霊)に対して、生死【しょうじ】の二法を明らかにし、法華経信仰を通して釈尊、日蓮聖人との関係における安心を説き、過去・現在・未来の三世にわたり法華経を護持することを勧め、霊山浄土への導きをなすとされる。

*霊山浄土とは具体的にはインドの霊鷲山【りょうじゅさん】のことであるが、信仰上は人々が法華経を受持するところを指す。
釈尊が今なおそこで法華経を講じている久遠実成【くおんじつじょう】の仏であるとの信仰から、本尊は久遠実成の本師釈迦牟尼仏とされる。

その永遠の釈尊の慈悲と救いを示すのが大曼荼羅【だいまんだら】であり、これを法会の中心に本尊として揚げる。法華経の世界の再現が法会で、葬儀は最後の聞法修行【もんぽうしゅぎょう】の機会であるとされるので、本尊が大切な位置を占める。

葬儀、法事においては導師に大曼荼羅の大きさ、祀り方を正しく教えていただき、掲げる事が大事。
 ただし、営み方には地方によって違いがある。

総本山・情報リンク

日蓮宗

日蓮宗新聞社

 

ファイナルノート

調布FM 終活日和 毎月放送中

ファイナルノート 雑誌紹介

amazonで買う

当社の強み

ご供花の注文はこちら

講師依頼

facebook

検案・検死からの葬儀

お別れ花

Lin MC Group Co.,Ltd.スタイル

LinMCgroupについて

成年後見人について

終活カウンセラーのいるお店

スタッフブログ

個人情報の取り扱いについて

チャレンジ25

東京・葬儀・葬式・家族葬の区民葬・市民葬ドットコム 葬儀・相続・散骨相談センター 1日葬儀 無宗教葬

表示:スマートフォン | PC

文面及び写真・画像の無断転載を禁じます。     Copy Right Lin MC Group Co.,Ltd. All Right Reserved