SOGI サポートセンター(葬儀サポートセンター)Lin MC Group Co.,Ltd.は1 都5 県、あなたの願うお葬式を実 現します!

日蓮宗のお葬式

葬儀・葬送について

日蓮宗のお葬式

日蓮宗の概要

宗祖 日蓮聖人(1222~1282)
本山・名刹 身延山久遠寺(山梨県)
本門寺(東京)
経典 法華経、無量寿経、観普賢経
ご本尊 久遠実成本誌釈迦無尼仏(大曼荼羅)
お唱え 南無妙法蓮華経(ナムミョウホウレンゲキョウ)
お焼香 宗派として、また菩提寺や僧侶によって作法が異なる場合があります。
SOGIサポートセンター(葬儀サポートセンター)LinMCGroupでは
一般的なお焼香についてご紹介致します。

  1. 抹香をつまんで軽く頭におしいただいてから、香炉に入れます。
  2. 回数は1回又は3回です。
教え 日蓮の教えは永遠不滅の釈迦牟尼仏に帰依し、「南無妙法蓮華経」の題目をとなえ、積極的に善を積めばなにびとも救われると説きました。
題目を口に唱え、心に信じ、身で実践することで救いを得、理想の社会である仏の世界が実現するとされます。

日蓮宗の葬儀の意味

*日蓮聖人の「法華経を信じ、南無妙法蓮華経の題目を受持する者は、必ず、霊山浄土【りょうぜんじょうど】に往詣【おうけい】することができるという言葉が基本。

*死者(精霊)に対して、生死【しょうじ】の二法を明らかにし、法華経信仰を通して釈尊、日蓮聖人との関係における安心を説き、過去・現在・未来の三世にわたり法華経を護持することを勧め、霊山浄土への導きをなすとされる。

*霊山浄土とは具体的にはインドの霊鷲山【りょうじゅさん】のことであるが、信仰上は人々が法華経を受持するところを指す。
釈尊が今なおそこで法華経を講じている久遠実成【くおんじつじょう】の仏であるとの信仰から、本尊は久遠実成の本師釈迦牟尼仏とされる。

その永遠の釈尊の慈悲と救いを示すのが大曼荼羅【だいまんだら】であり、これを法会の中心に本尊として揚げる。法華経の世界の再現が法会で、葬儀は最後の聞法修行【もんぽうしゅぎょう】の機会であるとされるので、本尊が大切な位置を占める。

葬儀、法事においては導師に大曼荼羅の大きさ、祀り方を正しく教えていただき、掲げる事が大事。
ただし、営み方には地方によって違いがある。

総本山・情報リンク

日蓮宗

日蓮宗新聞社

PAGETOP