SOGI サポートセンター(葬儀サポートセンター)Lin MC Group Co.,Ltd.は1 都5 県、あなたの願うお葬式を実 現します!

臨済宗のお葬式

葬儀・葬送について

臨済宗のお葬式

臨済宗の概要

宗祖 栄西(1141~1215)
本山・名刹 南禅寺(別格)、 妙心寺、大徳寺、建仁寺(京都)
建長寺、円覚寺(鎌倉市)
経典 般若心経、観音経、大悲呪、坐禅和讃
ご本尊 釈迦牟尼仏
お唱え 南無釈迦牟尼仏(ナムシャカムニブツ)
お焼香 宗派として、また菩提寺や僧侶によって作法が異なる場合があります。
SOGIサポートセンター(葬儀サポートセンター)LinMCGroupでは
一般的なお焼香についてご紹介致します。

  1. 抹香をおしいただかず、香炉に入れます。
  2. 回数は1回でも3回でもよいとされています。
教え 人間の心の本性を知り、それが仏と同一であることを
悟るのが成仏だとする教えです。
修行を強調し、日常生活で労働(作務といいます)を尊び、坐禅を重んじています

臨済宗の葬儀の意味

*臨済宗では「亡者【もうじゃ】(死者)が仏弟子となり、修行の道に入り、自己の仏性【ぶつしょう】に目覚めることを願う儀式」とされる。

*それに従い葬儀では死者を仏弟子とするための授戒と、仏性に目覚めさせるための引導が葬儀式の中心をなす。

 亡くなった人が、縁がなくてこの世で修行できなかったにしろ、その後仏の世界に縁を結んで、亡くなった後も仏弟子として修行に励んでほしいという願い。

また、これによって遺族は亡き人の最後をきちんとしてあげ、故人の安心【あんじん】を願うと共に、葬儀を営むことを通して亡き人とともに平静な心(安心)を得ることが出来る。

情報リンク

日本の禅 臨済宗・黄檗宗の公式サイト 臨黄ネット

PAGETOP