葬儀の流れ

葬儀の流れ

葬送(葬儀・お葬式・お別れ会等)に参列をした経験がある方でも、いざご自分で行うとなると、色々とわからないことが多くあると思います。もし、万が一を迎えた時に備えて一般的な葬送のはじまりから終わりまでの基本的な流れを、フューネラルコンサルタントのアドバイスとして掲載しましたので、ご参考にしてください。

ご危篤
  • 電話やメール・FAX等を使用して家族、親族、故人の知人へ連絡しましょう。

主治医から危篤の告知がありましたら、ご家族・ご親族・故人が会いたがっていた人に連絡をとりましょう。
病院名・住所・電話番号を間違えないように相手に伝えてください
そして、この時点でLin MC Group Co.,Ltd.にお話をいただければ適切なアドバイスと万が一の時のお迎えに備えさせていただけます。

次に

ご臨終
  • 医師から死亡診断書を受け取る(※火葬に必要な重要書面)
  • Lin MC Group Co.,Ltd.へ連絡(ご安置先まで移送させていただく…)
フューネラルアドバイス
故人を看取り、身近な方々とのご対面を終えられると病院では看護師が、故人様のお体を清拭し処置をしてくれます。その間に、お戻りする場所をご自宅や、斎場・集会室どちらにご安置されるか家族でご確認願います。そしてLin MC Group Co.,Ltd.へ連絡を入れるようにしましょう。 医師に死亡診断書を書いていただき、受け取ってください。この死亡診断書は火葬に必要な書類になってきますので大切に保管してください。 また、コピーを何部か取っておくと後で必要になった場合にも安心です。

次に

安置
  • 安置場所(自宅・斎場・集会室等)により、故人のご安置状況が変わります。
  • 自宅安置→お布団にお寝かせします。 準備が整いお焼香
  • 斎場安置→基本的にご納棺にてご安置
  • 枕経をあげていただく(必要な場合)
  • 死亡届を役所へ提出し、火葬許可書を受け取る
    (Lin MC Group担当者が代行にて対応しております)
フューネラルアドバイス
自宅(若しくは斎場)に安置をしますと、故人のお体の状況に合わせて湯灌やお体を冷やす事や感染防止の対応を行います。 その後、葬送日程・形式・費用等、葬送に関わる打合せをLin MC Group Co.,Ltd.担当者と行います。 ※深夜の場合、葬儀依頼契約書のみ受け取りご家族の心労に応じて次の日に打合せになることもあります

次に

葬儀打合せ
  • ご家族とLin MC Group Co.,Ltd.とで、葬儀の日程・場所・規模・形式などを打合せ
    (どのようなお別れにしたいのか、お考えをまとめてLin MC Group Co.,Ltd.担当者へ伝えましょう)
  • 喪主を決める 見積りを受け取る (状況に応じて毎回推移を見積表示)
    ※ご意向による見積は、説明と同意を得て施行 親族や会葬者の人数の確認と想定
  • 菩提寺がある場合は、葬家より連絡を入れて日程のを確認し、宗教儀礼・葬儀の依頼をする
フューネラルアドバイス
一般に心身ともにお疲れで、思考力も低下している状況ですが、打合せは葬家の意向を伝える肝心で大切な場です。故人の意思や、ご家族の考え(要望・希望)をしっかりと伝えていただく必要があります。
打合せは、葬儀の日程・場所・規模・形式を決め、見積に反映させる意思を確認するものです。ご遠慮せずに、お話し願います。
思いもよらない急な時であればある程、動揺や冷静さを欠けてしまいがちです。一人より二人、ご家族で打合せの場に立ち会って頂くと良いでしょう。
※但し、多数の意見には、最終決定はお一人または喪主にお願い致します

次に

ご納棺
  • お身内の手で納棺をする
フューネラルアドバイス
ご遺体の状態にもよりますが、一般的に通夜の前日・若しくは通夜当日に納棺を致します。故人様が最後に眠るお布団になりますので、家族皆さんで納棺をなさることをお勧めします。このときに、柩にお入れしたい可燃性の愛用品や副葬品をお入れします。

次に

葬儀案内
  • 葬儀の流れを把握しておく(Lin MC Group Co.,Ltd.担当者が説明)
  • 通夜・告別式の日程を関係者へ連絡(電話・FAX等)
  • 必要があれば新聞広告をご依頼いただけます
    (新聞は依頼しない限り掲載することはありません)
フューネラルアドバイス
Lin MC Group Co.,Ltd.から開式前に葬儀の流れの説明があります。不明な点はその都度、開式前にLin MC Group Co.,Ltd.の担当者に伺うといいでしょう。

次に

お通夜
  • Lin MC Groupが式場での装飾(祭壇等)をする
  • 通夜が終わるとLin MC Group Co.,Ltd.と告別式の打ち合わせをする
  • お寺様を呼ばれた場合はお布施を通夜にお渡しする
    (必ずしも決まっていることではありません)
フューネラルアドバイス
本来通夜は、仏教で言う故人の成仏を祈る儀式。故人を仏の世界に新仏として「引葬」の儀式とされていました。現在では一般的に通夜に会葬者が弔問に来られるようです。 宗教儀式の式中に、会葬者の方々にはお焼香を終えられ別席への、ご案内により、通夜振舞い・おもてなしをいただきます。参列された皆様のお焼香が済み、宗教者が祭壇前から退席をしたのち、ご遺族も通夜振舞いの席へ移動し、感謝の意を述べます。 通常1時間くらいです。

次に

告別式・出棺
  • 最後のお別れをする
  • 喪主の挨拶
  • 柩を霊柩車へ乗棺 葬家・親族はお車・マイクロバスにて火葬場へ移動
フューネラルアドバイス
告別式は仏教で言う、成仏した故人の家族・親族そして生前親しかった友人や縁のあった知人と、故人の最後のお別れをする儀式・共有する時間と現在は考えられるようです。
悲しくも辛い限られた時間、心ゆくお別れを願いつつ、出棺前のお別れ花の花入れにて後、喪主の挨拶を行い閉式です。出棺には、喪主や家族・遺族の中で血縁の濃い人が位牌・遺影をもちます。また、荼毘後の収骨の際に必要な骨壷と桐箱・覆いを公営斎場の場合は忘れないように持っていきます。

次に

火葬・納骨
  • 火葬許可書を提出して荼毘にふす(Lin MC Group Co.,Ltd.に代行していただけます)
  • 柩を火葬炉に運び、故人の冥福を願い焼香・合掌
    (個々の宗教に合わせて)
  • お骨拾い 収骨
  • 埋葬許可証を火葬場から発行してもらう
    (埋葬時に必要な書面の為、骨壷の中に大切に保管していただきます)
フューネラルアドバイス
火葬場に到着をしたら、まず火葬許可書をLin MC Group Co.,Ltd.担当者が提出します。霊柩車から柩を出して火葬炉に運びます。喪主以下全員で焼香・合掌をいたします。このときに宗教者に経を上げていただくことも出来ます。火葬をしている間は休憩室でお待ち合わせいただきます。 お骨上げになりますと、場内アナウンスの案内が入りますので、お骨を上げるときは足元から二人一組で骨壷に入れます。(一般的な例)。皆様が終わりましたら、火葬場から埋葬許可書を頂いて帰ります。(基本的に骨壷の中へ埋葬許可書を入れてくれます)
※埋葬許可書は埋葬時・納骨のときに必要な書類です。大切に保管をしてください。
Lin MC Group Co.,Ltd.では、ご家族の方に対して心構えとしてお葬式のことを知っておきたいという方や、ご自身のことについて事前に相談したいという方のために、フューネラルコンサルティングやフューネラルセミナーを随時行っております。
小さなことでも気がかりのことがありましたらお気軽にご相談ください